なんか違うなぁ・・・。

706982_67183931あるブログを見ての感想。大したことじゃありませんが、若干怒っているので。

発端は、『「なぜ笑うんだい?」ポルトガル語を一生懸命話す少年を笑う記者に対するクリスティアーノ・ロナウドの対応が素晴らしいと話題に』というブログ記事なのですが、その記事に対して、「子供を馬鹿にしているのではなくほほえましく思った笑いじゃないのか」ってコメントが多くありました。私もそう思っていました。ところがそれに疑問を呈するというか、理由はどうあれ、その笑うという行為そのものが間違っているというという発言のブログを見かけました(投稿者に悪気はなく、炎上すると困るのであえて出典元は記載しませんが)。投稿者は、日本人の感性からして、馬鹿にしているわけではないのは確かだが、笑いそのものが子供を傷つけ、曳いては人前で話すことをためらうようになるのではと言うことのようです。それも理解できますし、実際そうなのかもしれません。ただ、このほほえましい笑いというのは日本だけの文化で、これが外国語教育に悪い影響を与えているという主張だったのですが、それは納得できません。
続きを読む →

ジャーナリストさんwww

115103_4770政治家の方々も大概ですが、ジャーナリストもねぇ・・・。
西宮市長×テレビ東京「偏向報道」騒動にみる 取材拒否は伝家の宝刀か」という記事がありました。なんかもう「俺はジャーナリストとして正論をのべているのだ!」なんでしょうね。「メディアに求めた取材の条件4点」と称して、内容を細かく分析してはいるのですが、「自治体」を「企業」と同一に論じている点、いや無理に同一視している点でもうなんだかねぇ。
当然「知る権利」を持っている一般の方々に対して、開示されている情報を伝えるのがジャーナリストの責務なんでしょうが、記事を書いたジャーナリストさん(元々あんた作家だよね?)、この記事、誰得?西宮市に恨みでもあるの?あんたの立場なら、報道した側を糾弾すべきじゃないの?続きを読む →

なるほどねって言うか・・・

ballpen書けなくなったペン、捨てるのはちょっと待った!まずはこれを試してみて!!OCTOBA
これが記事になる時代なんですね。私が学生の頃は、ボールペンが書けなくなるのは日常茶飯事で、そんな時は「まず呼気を吐きかける(吹きかけるじゃなくハーッって感じ)、それでもダメならライターで炙る」というのは常識でした。もっとも、持っていない人を探す方が難しいくらい使い捨てライターが普及していたので可能だったんでしょうが。なので、この記事を目にしたときに、こんなところにも時代の流れを感じてしまうほど歳を取ったのかと、少々いやかなり哀しい思いを受けてしまいました。続きを読む →

「アップルウォッチ」 ほしいですけど・・・

iwatch巷では、「アップルウォッチ」の話題で持ちきりですね。こういうガジェットは好きですし、いずれ手に入れることにはなると思いますが、若干の疑問も持っていました。
ネット上に、「アングル:「アップルウォッチ」、ファッション業界には響かず」なる記事がありました。まさにこれが疑問だったのです。スマホに代表される情報端末を愛する人が、はたしてどれぐらい腕時計を活用しているのでしょう? 時間を確認することに特化した腕時計に様々な機能を持たせても、それならスマホでいいじゃんて感じですよね?続きを読む →

白金 or 青黒 ??

sk_blackandblue_01今、巷(といってもネット上だけ?)では『「白と金」「いや青と黒だ」あなたはどっちに見える? 1枚の写真をめぐりネットで激論』という記事が話題です。(参考:ITメディアニュース)。確かに微妙かな?とは思いますが・・・。
これって、脳内解釈の問題なんじゃないかと思うんです。たとえば、人物だけを切り取ってべた塗り背景の上に乗せれば、まちがいなく「青と黒」だと思います。しかし、元画像からは、人物の前方に強烈な光源があることがうかがえます。「この光源で影になる部分がこう見えれば、本当の色はこうだろう。」と判断した脳が、最終的に認識した色は「白と金」。あくまで判断ですから、人によって違うのは当たり前です。画像処理ソフトで、オブジェクトを強引に日陰に配置したとき、こういった処理をしませんか? 単に明度を落としたり彩度を落とすだけでなく、色目を変えたりしますよね。「こういう風に見えるんじゃないか?」ってね。あくまで根拠は経験だけの私見ですが。
実際、日陰から日向に出て「えっ!こんな色だったの?」ってことはよくありますしね。続きを読む →